もちづきの帰り道に聴いたら泣きまっせ

もちづきの帰り道に聴いたら泣きまっせ

投げやりな時間だけがすぎる日は
目を閉じて心に話しかける
「私は何か間違ってるの?」
鮮やかな夕暮れに
たった一つの願いをかける
「明日を誰かのために生きられるように」
きっと彼女は今を祈るのさ

彼女は買い物の帰り道/エレファントカシマシ