年の瀬の街をゆく

年の瀬の街をゆく

どこかのおばあちゃんとおじいちゃんが、二人で連れだって
ちょっとよそ行きのおしゃれをして、新聞紙で包んだお正月のナンテンとか花とかを持って歩いているのは、イイネ!

そんな今日わたしは、静岡の街の古着屋という古着屋、年齢層高めのブティックをはしごしまくり
ひとつみつけた毛糸のチョッキをかいました。満足。