くらしの

くらしの

凄まじく良いことが書いてある雑誌なのだ。
一生定期購読したい。

これを買った小さい本屋のおじいちゃんと一時間くらい話しこんでしまった。
帰るときおじいちゃんが、
「僕は久しぶりに日本人と話した気がするよ」と言ってくれて
本を読む前に涙目になった。


外国人が集まりがちな本屋とかそういう意味だったらどうしよう。