葉っぱであろうとぽい捨てはしないずら

葉っぱであろうとぽい捨てはしないずら

つまり柏餅の葉を持ったまま住宅街を歩いていた、小雨の午後。